久しぶりに岩間町へ行ってきました。

家屋の基礎の取り壊しが行われていて重機が動いています。

写真 5 写真 2 写真 1

向こうに見える常磐共同火力発電所には、日本の最先端技術で行われている
石炭ガス化複合発電システム(IGCCプラント)で稼働する発電設備が有り、
25万キロワットの発電をしています。
 さらに、東京電力と三菱重工業とが50万キロワットのIGCCプラント建設
を表明しており、現在瓦礫を置いている火力グラウンドとその隣接農地等を
買収し建設するとの噂が出ています。

写真 3 写真 4

震災のあった夏、岩間町の人たちが総出で津波で流された薬師堂を運んできて
建てました。この薬師堂は大きな数珠を回して持ちながら交流していた場所で
地域の絆を維持していた象徴的な建物です。食事したりお茶飲んだり手芸を
したりしていた公民館が流されてしまったことから、現在は「なこそ交流スペース」
でサロン活動として集まっています。

3月9日 岩間海岸の砂浜では流木と砂を使ったアート作品を作る予定でいます。
左上の写真はイメージを作るために砂浜に流木を立ててみたところです。

当日はたくさんの流木を使って参加者の皆さんに楽しんでもらえるような
構想を練っているところです。