3月9日 前日の寒さとは打って変わって、朝から穏やかでそよ風が吹く
爽やかな気候の下、予定通り開催されました。

67 65 63

前日の8日10時から準備作業を開始、全体ミーティングの後各持ち場では
それぞれ決められた役割を協力し合って進めています。

 錦須賀では、夜7時から花火を打ち上げて、住民の皆さんに(といっても
現在13世帯しか住んでいないんですが)喜んでもらいました。

70 37写真 1

今年から学生ボランティアとして、芝浦工大中村ゼミの学生3名が
参加してくれました。また、岩間町では昨年同様に甘酒と焼きネギ、
今年は錦須賀で、生徒の食事に豚汁を作ってくれました。

103 104 58

50 51

 関根実行委員長、清水いわき市長、中根くんの内容説明と続き、特別ゲストのなすび、
アドバイザーの彫刻家高野さんの開会宣言で始まりました。

 関西元気玉チングドゥルが奏でる韓国伝統音楽にのってスタートです。

アート会場となる被災地は巡回バスで向かいます。

今回の企画のポイントである錦須賀の防潮堤は、写真のように
なりました。

20写真 1 25写真 2 31写真 4

 今回は、今までと違ってマスコミ取材が殺到しました。
地元紙以外に、読売新聞、産経新聞等が来ていたこと、TV局では
共同通信社が動画取材、いわき市がTV局を同行、なすびには専属の
カメラマンが密着取材、NHKの取材等過去2回には無かったことです。
 さらに、ラジオ局からの取材では、地元FMいわき、ラジオ福島、
遠くは山口放送ラジオ、エフエム山口等から申し入れがありました。

 地元の空撮家酒井さんが風の状態が良いということで、
パラグライダーを飛ばして空からの撮影をしてくれました。

 イベントに全国から参加してくれた皆様、ボランティアで参加してくれた
Tsukuba for 311と芝浦工大の学生の皆さん、遠く関西から駆けつけてくれた
文楽人形の勘緑さんと木偶舎、韓国伝統芸能のチングドゥル、和太鼓の響道宴さん、 
実行委員会で精力的に活動してくれた皆さん、サロンやアートのスタッフの皆さん、
駐車場や沿道警備に尽力してくれた各消防団の皆様、地元中学校美術部の先生と
生徒たち
、祈念の花火を打ち上げてくれた湘南花火の皆さん、そして被災地住民
の皆様方に心より御礼申し上げます。

 本当に良い事業を行うことが出来ました。
              ありがとうございました。