勿来まちづくりサポートセンターが運営する、なこそ復興プロジェクト

復興計画グループ

勿来復興ライブ 震災後の新しいまちづくりを目指して活動しているグループです。 主な事業は以下の4つになります。

  • 復興公園建設計画担当 岩間町の防潮堤を後世に残し、安心して暮らせる地域づくりのためにモニュメントを建立し、 悲しみから希望への願いを込めて復興を誓うメモリアル公園を整備します。
  • なこそ復興ライブ 被災地勿来が一日も早く元気を取り戻すようなイベントを企画実施します。
  • 写真パネル展 震災から現在までの活動の記録を全国各地で展示し、津波の現状と復興の足跡を広く全国の 皆様に知ってもらい、復興公園の意義を理解していただき、その資金を募金の形で協力して いただくことを目的として実施します。
  • 情報誌作成 いわき市内で支援活動を行っている4団体が合同で作成する定期刊行情報誌「なっくる」の 発刊を実施します。

2013年度事業

  • いわき市勿来地区の津波被災者が実体験を未来に遺すタイムカプセル事業 東日本大震災の実体験を未来に残し将来に渡り地域防災に対する心構えを伝えてくことを 目的とします。詳しくは、企画書をご確認ください。
  • この事業には、東京藝術大学の教授・講師・学生の皆さんとと筑波大学学生を中心とする Tsukuba for 311のメンバーが協力してくれます。 特に両大学の学生同士がネットワークを構築し事業のスムーズな運営を図るために、役割を 明確にして相互の信頼関係を築くスタートを切りました。
  • 被災住民への聞き取り調査は、Tsukuba for 311が担当します。 タイムカプセルぼ設計制作は東京藝術大学が担当します。 渉外・総務・資金調達・各種申請その他については、なこそ復興プロジェクトが担当します。
  • この事業には、タイムカプセル製作のための材料費として多額の費用を必要としているために 企業・個人を問わず資金的な協力をしてくれる皆様を募っております。 ご協力いただける方は、こちらにご連絡ください。 〒974-8223 福島県いわき市佐糠町東一丁目19―5 特定非営利活動法人 勿来まちづくりサポートセンター内 なこそ復興プロジェクト tel    0246(63)5055 fax   0246(63)5056 E-mail  ;  nakoso@silver.ocn.ne.jp または、このHPのお問い合わせからお願いします。

 

PAGETOP