10月28日~31日にかけて四国香川県高松市と直島を訪ねてきました。瀬戸内芸術祭は一度見たいと思っていたところに、来年発表があるので今年聴講に来ませんかとお誘いを受け、行ってみようということになりました。

 昨年四国に行ったときは新幹線だったので結構時間がかかると思ったのですが、今回は成田からLCCジェットスターで朝8:50分に乗ると10時過ぎには高松空港に到着してしまい本当にあっという間でした。長女が愛媛県に住んでいるので迎えに来てもらい直島直行。ひと時の船旅を楽しみながら黄色いかぼちゃと赤いかぼちゃを生で見ました。

IMG_5842 IMG_5859 IMG_5862

IMG_5874 IMG_5871 IMG_5873

 直島銭湯は細い路地の中にあるとても個性的でファンタジーな雰囲気を持った風呂です。午前中だったので入れませんでしたが機会があったら入ってみたいと思います。赤いかぼちゃは船が着いたところにあり巡回バスで島巡り。途中の入り江に黄色いかぼちゃはありました。ロッジのある広場にはアート作品があちこちに置いてあり楽しい空間を創り出しています。

 瀬戸内芸術祭の人気は平日にも限らず多くの人が訪れてきていることから想像できます。

 翌日の10月29日は午前中、「いわき市勿来地区災害ボランティアセンター」で一緒に活動した来田広大君の作品が高松市立美術館に展示されているのでそれを見に行き、市内の讃岐うどんを味わい、午後からは福武財団の発表会に参加します。

IMG_5898 IMG_5911

 基調講演に引き続き審査員の皆さんから2015年度の
助成先の事業について講評がありました。

IMG_5901 IMG_5907 IMG_5910 IMG_5909 IMG_5900

 発表はポスターセッションです。狭い空間に6ブースありそれぞれが15分で自分たちの事業の活動報告をします。

 同じいわき市で活動している会田君が発表しています。福島県が置かれた状況や現状、支援活動の内容などを見事に時間内にまとめて報告していたのが印象的でした。

 壁面には、昨年から大変お世話になっているNPO法人ダンスボックスの紹介がありました。

 来年は発表することになる可能性があり今回の訪問はとても参考になりました。