3月5日 僕達は早朝ケアンズからタウンズビルに向け出発しました。
タウンズビルの空港ではいわき市との民間交流使スーザンさんと日本人のトモミさんが出向かえていて、これからホテルに荷物を置いてすぐに
マグネチック島に向かうとのことです。

CIMG8709 CIMG8708 CIMG8707

ケアンズでの1日で大分旅慣れてきた感じでリラックスしています。
マグネチック島のフェリー乗り場について、少し時間の余裕が出来ました。

CIMG8711 CIMG8714 CIMG8715

CIMG8718 CIMG8719 CIMG8720

フェリーから見るタウンズビルの港は情緒溢れる綺麗な風景で、進路の右側には大型船が停泊していて、銅や亜鉛を積んで世界中に運んでいて、小名浜港とも取引があるそうです。

CIMG8723 CIMG8722 CIMG8724

CIMG8727 CIMG8728 CIMG8733

マグネチック島に到着してローカルバスで向かったのはピクニックベイ。驚くことに昨日のケアンズよりも更に広い自前の建物があり、3人のライフセービングが海の監視をしていました。建物の中には男女別の部屋で簡易宿泊が出来たり、バーベキュー調理の部屋があったり、トレーニングの器具が揃っていて大変興味深い設備になっています。しかも男子用トイレは昔の日本と同じ並んでするタイプです。

CIMG8736 CIMG8739 - コピー CIMG8741

救急処置室があり、応急処置が出来るよういろいろな薬剤や器具器材があり、訓練用の心臓マッサージ、海に持っていく携帯薬箱、酸素ボンベなどが装備されています。酸素ボンベを今まで使用したことがあるのか質問したところ、使用したことは無いそうで、但し3年か4年に必ず消耗品は交換していつでも使用出来るようにしているとのことでした。

CIMG8738 - コピー CIMG8750 CIMG8754

CIMG8746 CIMG8747 CIMG8749

バーベキューの昼食をご馳走になりクラブの歴史や海の環境保全の取り組みなど話を聞かせてもらい、アルカディアサーフクラブが監視しているもう一つのビーチに向かい、そこでボード体験をすることになりました。

CIMG8756 CIMG8758 CIMG8761

CIMG8759 IMG_0145 IMG_0146

水着に着替え現地のライフセーバーがボードを出してくれたので、写真を撮りながら海に向かい何気に携帯をポケットに入れたまま、僕は海に入ってしまい、また写真を撮ろうとしてポケットに入れたままだということに気付きました。時すでに遅しで今まで撮った写真は全てダメになってしまったのです。

その日は、Horseshoe Bayで宿泊です。

IMG_0196

これは夕飯を食べに行ったお店での写真です。